精神保健福祉士の職場と適性について知ろう

精神保健福祉士の収入

精神保健福祉士の収入

どのような職場で働いているのかによって
精神保健福祉士の収入は、さまざまです。

 

国家公務員である精神保健福祉士

 

社会復帰調査官、刑務官、地方公務員である市町村や保健所、
精神保健福祉センター、
国立の病院に勤めている精神保健福祉士など、
国家公務員である場合は、
国家公務員俸給表や、それぞれの自治体の俸給表に基づいて算出されるので、
基本給は、他の職員と同じくらいです。

 

そして、資格があることによる、
特殊勤務手当や資格手当等の手当も付きます。

 

さらに、年に二回の賞与(ボーナス)、住宅手当、扶養手当、
通勤手当、働く場所によっては、夜勤や日直手当なども付きます。

 

また、公務員は、争議権など、
一般の勤労者に認められているものが制限されていますが、
その代わりに、法律に基づいて人事委員会が給与など
労働条件を毎年勧告する仕組みになっています。

 

ですから、地方公務員の場合はそれぞれの地域での
勤労者の平均的な給与を参考にするので、
収入も身分も安定します。

 

公務員に準ずる精神保健福祉士

 

公務員に準ずる精神保健福祉士、
つまり社会福祉協議会や地域障害者職業センター、
独立行政法人などに勤めている精神保健福祉士の給料は、
公務員並み、若しくはそれよりも少し低い場合が多いです。

 

しかし、大企業の健康相談員、
比較的大きな医療法人や社会福祉法人などに勤めている
精神保健福祉士は、
公務員よりも給料が高い場合も少なくありません。

 

教職員

 

大学に勤めている教員の一部の人は、
収入が世間並みよりも高い場合もあります。

 

独立型の事務所

 

独立型の精神保健福祉士事務所で、
顧客が多い精神保健福祉士は、
収入が世間並みよりも高いことがあります。

 

ただ、民間施設や事業所、
小さな民間の精神科病院では、
精神保健福祉士の給料は、世間並みよりも低いです。

 

精神保健福祉士の給料「世間並み」とは

 

精神保健福祉士の給料は「世間並み」、
若しくは「世間並みよりも多い」、
「世間並みよりも低い」など、
どのような職場で働くかによって変わってきます。

 

この「世間並み」とは、平均、25万円程度です。

 

資格手当などが含まれていることを考えると「低い」という感じですが、
まだ若い精神保健福祉士が多いためということもできます。

 

平均年齢を考えると、社会福祉士と同じくらいの給料ということになります。


ホーム RSS購読 サイトマップ