精神保健福祉士の職場と適性について知ろう

精神保健福祉士が働く職場/教育機関

精神保健福祉士が働く職場/教育機関

小学校や中学校などの教育機関でも、
社会福祉士と同じように精神保健福祉士が活躍しています。

 

小学校や中学校には、
スクールカウンセラーが配置されていることが多いのですが、
このスクールカウンセラーだけでは、
不登校や校内暴力、いじめ等の問題の解決をするのが
難しくなっています。

 

そこで、家庭と学校、地域社会全体での連携した取り組みを強化するために、
文部科学省は、「スクールソーシャルワーカー」という
福祉専門職を採用ことを薦めています。

 

小学校や中学校などの教育機関で働く精神保健福祉士は、
直接子どもたちと関わりながら、
家庭や地域の関係機関の連携の中心となり
ネットワークを作ります。

 

そして、地域ぐるみの支援に取り組みます。

 

今のところ、実際の配置数は少ないのですが、
これからの活躍が期待されます。


ホーム RSS購読 サイトマップ