精神保健福祉士の職場と適性について知ろう

精神保健福祉士の将来性

精神保健福祉士の将来性

精神保健福祉士の将来性は、
さまざまな民間の企業と比較することは難しいです。

 

しかし、現場で働く精神保健福祉士は、
自分の仕事に対してやりがいを感じています。

 

精神保健福祉士の仕事は、
ヒトを相手にする仕事で、
利用者や、その家族に喜ばれる仕事です。

 

ですから、とてもやりがいがあります。

 

精神保健福祉士の将来性としては、
全体的には、社会的な精神保健福祉士に対する認知度が高くなり、
国が待遇改善を高めてくれるようにと働きかけていくことが必要です。

 

しかし、国の待遇を待つというより、
病院の事務長や施設長になったり、
経験を生かして開業する人もいます。

 

また、教員になったり、
自治体でも管理職になっている人もいます。

 

海外で活躍する精神保健福祉士もいます。

 

待遇面で見ると、劣ってしまう精神保健福祉士ですが、
社会的に見るととても有益な仕事です。

 

ですから、精神保健福祉士が、
より自己研鑽し、社会に広く認知されていくと、
社会的な待遇もよくなるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ