精神保健福祉士の職場と適性について知ろう

精神保健福祉士の職場と適性について知ろう

精神保健福祉士の職場

精神保健福祉士は、病院や行政を中心に
幅広い分野で活躍しています。

 

精神保健福祉士は、
精神病院やそのほかの医療機関などで、
精神障害の医療を受けている人や精神障害者の
社会復帰の促進を目的とする施設を利用している人に対し、
日常生活をスムーズに営めるように支援したり、
社会参加に向けた助言や相談、指導や訓練などの支援を行います。

 

そして、国家資格が制定された当時よりも、
精神保健福祉士が活躍する職場は広くなっています。

精神保健福祉士になるには

精神保健福祉士になるためには、
受験資格を得て、国家試験を受験し合格することが必要です。

 

<精神保健福祉士が活躍する職場>

 

精神保健福祉士が活躍する職場には、
精神科医療機関や行政機関、司法分野、教育機関など
さまざまな場があります。

 

精神保健福祉士は、このような職場で、
専門的な知識を持って仕事をしています。

精神保健福祉士の仕事とは

精神保健福祉士の仕事はヒトを相手にする仕事です。

 

ですから、ヒトが好きでなければ勤まりません。

 

しかも、そのヒトとは、生活のしづらさを抱えた精神障害者や、
心の病を抱えた人です。
治療や生活の相談に温かく応じます。

 

精神障害者

 

精神障害者は、重い精神科の病気を患ったことによって、
精神科病院に入院していたり、
退院しても再入院したり、仕事を続けることができなかったり、
偏見や差別に苦しんでいます。

 

精神保健福祉士は、このような精神障害者に対し、
住む場所や仕事などの確保というように、
具体的に日常活動の場を提供することにより、
病気の回復や、ごく当たり前の生活を支援します。

 

心の病には、誰もがかかる可能性があり、
自ら命を絶つ国民が増えています。

 

最近は、うつ病も大きく増加していますし、
ストレスに起因する「神経症」を含めた精神科の患者さんは
300万人を超えています。
つまり、国民の40人に1人が精神科の患者であるという計算になります。

 

実際に精神科の病院を受診していない人もいます。
そして、社会的な引きこもりになっていたり、
高齢者の認知症などを含めると、
もっと多くの精神疾患の患者さんがいると考えることができるでしょう。

 

精神保健福祉士は、このような人に寄り添って仕事をしていくわけですが、
それにはやはり「適正」があります。

 

また、「心構え」も必要です。

 

生半可なヒューマンスキルでは、精神保健福祉士の仕事は成り立ちません。


ホーム RSS購読 サイトマップ